LINE

LINE交換掲示板・LINE交換アプリ・GREE・モバゲーでLINE交換する時の注意点

投稿日:

近年、SNSを通じて出会い事件に巻き込まれたというニュースがテレビでよく流れているのを目にします。

インターネットやSNSは、顔が見えないからこそ本音を言えるという若い世代の声も聞こえてきますが、実際にSNSやネットで知り合いLINEを交換する事があった場合に気を付けたいことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

知らない人とネット上でLINEを交換する時の注意点

悪意を持った業者がLINE交換SNSなどにいることも

LINEのID、アカウント情報は悪質業者にとっては格好のエサです。
LINE交換をした後、全く知らない人から出会い系メッセージが来たり架空請求が来たりする事があります。

ネット上での交換は、不特定多数の人間が見える状態なので危険

もし、LINEのIDが、適当に作った架空の人物のIDなら不特定多数が見える状態でIDを晒しても大丈夫でしょう。

しかし、大概の人は自分の個人情報がちゃんとのっているIDではないでしょうか?その場合、出会い系サイトにLINE IDを載せられたり、LINEが乗っ取られたりします。

IDが分かってしまえばパスワード解析は決して難しいものではない注意喚起しているサイトはたくさんあります。

LINE交換を目的とした掲示板などでは、責任感のないユーザーが多い

この手の掲示板は、登録料が無料だったり名前や年齢などを認証しなくてもいい所が多いため無責任なユーザーがたくさんいます。

名前や年齢を偽り、写真なども他人の写真を利用しているユーザーもいます。相手の言うことを完全に信用せず、警戒心を持ち個人情報などは簡単に明かさないようにしましょう。

言葉遣いがいいひとが、本当に良い人とは限らない

ネット上では顔が見えない分、言葉遣いのいい人と悪い人に分かれてしまいます。言葉遣いのいい人は好感を持ちやすく、悪い人ではないと思われがちですがそうとは限りません。

この人はいい人だ。長く付き合っていきたいと思った人は、すぐに信用せず時間をかけて相手の性格などをよく知るようにしましょう。

妙に馴れ馴れしい人は注意したほうがいい

相手が異性とか同性とか関係なく、ネットで知り合った人は簡単に信用してはいけません。例えば、詐欺をするような人は言葉遣いが優しく、とても親身に話を聞いてくれて妙に馴れ馴れしかったりするのです。

まとめ

女性は特に名前が女っぽくて、プロフィール写真が女性だった、いろいろ話を聞いてくれて気が合う場合 相手は女の人だろう。ここまでいい人なんだから悪い人ではない。と ついつい信用してしまいがちです。

そして個人情報をいろいろ知られた後に男性だったと知ることも多いようです。現に筆者の知り合いも、上記のような状態に陥り最後には相手の男性に、『個人情報をバラされたくなければ付き合え』と脅されたことがあるそうです。

本名や顔を知らない、会ったこともない相手には警戒心を持ちましょう。

【心理テクニック】好きな人

好きな人や気になる人と仲良くなる一番の近道にLINEのやり取りがあります。

電話じゃ相手に時間を取らせてしまうし声を聞くのは恥ずかしい!まだデートするほど仲良くもない・・・でも、もっと近づきたい。他の人より仲良くなりたい。

そんな時、LINEなら相手が都合のいい時に返信をくれるし少し仲良くなれば無料通話もできます。

しかも従来のメールアドレスや電話番号と違い、LINEは簡単にブロックすることができ、わざわざアカウントを変えたりアドレスや電話番号を変える必要がないので『教えて!』と一言いえば、比較的簡単に教えてもらいやすいコミュニケーションツールです。

しかし、それが気になる人や好きな人となるとなかなか言い出すタイミングや雰囲気を作り出すのが大変だったりします。

そんなタイミングや雰囲気を選ばずに、LINE交換がしやすくなるテクニックをいくつかご紹介します。

気になる人をLINEを交換する方法

会話が盛り上がっている時は聞きやすい

相手の得意分野が分かっていたり、共通の趣味や話題ががある人はその話の最中に『オススメおしえて!』や『もっと詳しく聞きたい!』などと盛り上がっている流れで自然に聞くことが出来ます。

別れ際は聞きやすい

会ってすぐや、初対面ですぐに『教えて!』と言ってしまっては相手が不信がったり、警戒してしまう可能性があったり、または気持ちがバレてしまったり・・・そうなっては大変です。

会っている間は普通に楽しく過ごし、そろそろバイバイだなあという頃合いを見計らって『そういえば聞いてなかったよね?LINE教えて~!と忘れていたかのように言うと、何故か相手も【忘れていた】と思い込んでしまい、自然と教えてくれる流れになります。

写真を送るために交換しよう

みんなとの集合写真や、友人とのツーショット写真などを率先して撮り『あとでLINEで送るね!あ!LINE知らないや・・・教えて!』と自然に聞くことが出来ます。

写真以外でも相手の興味のあるものや、共通の話題のもの、相手の趣味のものなど、LINEで送れるものは何でも使い自然な流れでLINE交換しちゃいましょう。

ケータイが見当たらないフリをして電話してもらう

わざとケータイを探すフリをして、相手に『ケータイ見なかった?見当たらなくて・・・鳴らしてみてくれる?』と言えば相手は嫌な顔をせず電話をかけてみてくれるはずです。これで相手の電話番号が分かるのでSMSで【さっきはありがとう!ついでにLINE教えるね~】と自然に軽い感じで教えましょう。相手からLINEが来れば作戦成功になります。

もし、遠まわしのやり方が面倒な場合は電話番号が分かったら、LINEの友だちに追加してしまってLINEからお礼を言ってもいいと思います。その時は『さっきはありがとう!電話番号登録したら友だちに追加されてたから、LINEから連絡しちゃった』といえば相手も不自然がらないでしょう。

まとめ

筆者は旦那さんと出会った頃、音楽好きという共通の趣味、話題があったので旦那さんの得意分野である【音楽】についてオススメを教えてほしい。と連絡先をGETしました。

そこですぐには連絡せず、次に会った時に音楽以外の話もたくさんして『音楽以外でも好きなものが似ているね!そういえば、連絡先教えて~』と言いました。もちろんわざとです(笑)

すると『前回教えたじゃん!連絡くれないんだもん!』と思った通りの返答が来たのでわざとらしくケータイを出し、前回交換した連絡先を見つけたフリをして 『本当だ!あった~!じゃあ本当にメールするよ~?』とメールしてOKのお返事までもらってからメールのやり取りを始め結婚しました。

恋愛のテクニックは、【わざと】や【フリ】も必要ですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-LINE

スポンサードリンク