↑公式サイトへ移動する↑


LINEトーク「退出しました」「メンバーがいません」理由と対処方法



スポンサードリンク

久しぶりにあの人に連絡をとりたいな〜、と昔のトークをさかのぼっていくと名前のところに「メンバーがいません」と表示されていることがありませんか?

もしかしてブロックされちゃったのかな?と思っても少し待ってください。それはもしかしたらグループトークから退出したり、LINEのアカウントそのものがなくなってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

グループトークに「〇〇が退出しました」と表示される理由と対処方法

まず1つ目のパターンは、グループトークから「〇〇が退出しました」と表示されているパターンです。

line5

この場合は、グループトークの設定から退出するというボタンを押した時に表示されます。

退出した場合、相手はそれまでのトーク履歴を見ることはできますが、退出以降のトークに相手が参加することやメッセージのやりとりができなくなります。

もう一度グループに入れたい場合は相手を招待をしましょう。また、退出以降のメッセージは相手に届いていないので注意が必要です。

【対処方法】

グループトークから退出した人ともう一度グループトークしたい場合は相手を招待しましょう

1対1のトークに「メンバーがいません」と表示される理由と対処方法

2つ目のパターンは、名前が表示されていたところに「メンバーがいません」と表示されている場合です。

line6

これは、相手がLINEアカウントを削除したか、アカウントの引き継ぎに失敗してしまいアカウントがなくなってしまった場合です。

この場合はトーク画面を開くと名前が「unknown」となっており、一番最後のメッセージのやりとりの下に「〇〇が退出しました」と表示されています。

どちらの場合も、元のアカウント情報が消えてしまっているためそのままではメッセージも送れません。
特に、QRコードやふるふるで友達になった人とはデータの紐付けがされていないので再度QRコードやふるふるで友達に追加する必要があります。

携帯電話番号から友達になった場合は、友だちリストのところに「知り合いかも?」と表示がされるのでそこから再度友達に追加することもできます。

【対処方法】

電話番号/QRコード/ふるふるで友達を追加しましょう

友達じゃなく全然知らない人から急にメッセージが来たら要注意!これってどういうこと?

LINEでは、自分または相手が友達リストに入れていないとメッセージのやりとりをすることができません。

したがって、自分が相手を友達リストに入れていなくても、相手が自分を友達リストに入れていればメッセージを送ることができます。

line7

それではなぜ、知らない人が自分のことを友達リストに入れることができたのでしょうか?

ここでは大きく分けて3つのパターンについて説明します。

知らない人からいきなりLINEが届く3つのパターン

  • 相手が自分の電話番号を知っている場合
  • 相手がID検索を行い自分のIDが知られてしまった場合
  • 友達ではないけれど同じグループでトークをしている場合

スパムメールの場合は、無作為に電話番号を登録しメッセージを送っており、たまたまあなたの番号が当たってメッセージが届いたと考えられます。

知らない人から急にメッセージが来ないようにするための対処方法

知らない相手からメッセージが来るのを防ぐ方法はないのでしょうか。実は、設定画面からこれらの設定を変更することができます。

1つ目の電話番号については、一番右側にある 「その他」〉「設定」〉「友だち」〉「友だちへの追加を許可」をオフ にすることで、相手が自分の電話番号を知っていても友達に追加したりメッセージを送れないように設定ができます。

2つ目のID検索については、同じく一番右側にある 「その他」〉「設定」〉「プロフィール」〉「IDで友だち追加を許可」をオフ にすることでID検索機能をオフにすることができます。

また、「その他」〉「設定」〉「プライバシー管理」〉「メッセージ受信拒否」をオン にすると、自分の友達以外からのメッセージを受信しなくなります。

この記事のまとめ

  • ・「グループトーク」から相手が退出した場合はもう一度相手を招待しましょう。
  • ・「メンバーがいません」と表示されている場合は相手のアカウントが変わってしまっているため、新しいアカウントで交換しましょう。
  • ・迷惑メッセージが多い場合は、設定画面から「友だちへの追加を許可」「IDで友だち追加を許可」「メッセージ受信拒否」の設定を見直してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ