iPhone

なくしたら警察に行くべき?iPhoneの探し方とやるべき4つの作業

投稿日:

iPhoneが見つからない。iPhoneが見つからないときにまず最初に考えるのが警察へ連絡して紛失物の確認を行うことです。

しかし、そんなときでも警察へ連絡する前に行って欲しい4つの方法があります。また、万が一なくしてしまった場合に備えておく方法も説明します。これを読めばiPhoneをなくしてしまったときに、何を第一に考え行動するべきか分かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、iPhoneをなくしてしまって際に行う4つの方法

①自分のiPhoneに電話をかける

iPhoneが見つからないときには、まず最初に自分のiPhoneに電話をかけて下さい。カバンの中などどこかに忘れていてしまっていただけの場合には、着信がなって気づくことができるはずです。また、親切な人が拾っていた場合には、着信に出てくれて、直接受け取りに行くことができるかもしれません。

電話をしてみても、電池残量が充分にもあったにもかかわらず呼び出しができないときには、盗まれて故意的にsimカードが抜かれたり、電源が切られている可能性もあります。この場合には、早急にセキュリティの対策を行うようにしましょう。

②、「iPhoneを探す」を使用する

「iPhoneを探す」は最初からインストールされているアプリで、iPhoneを紛失してしまった際に使用するアプリです。これを使用することにより、iPhoneの現在の場所が分かるようになり、遠隔操作でロックやデータの消去を行うことができるようになります。

「iPhoneを探す」アプリを選択します。

「Apple ID」と「パスワード」を入力し、「サインイン」を選択します。

位置情報の許可を求められるために、「許可」を選択します。

探したいiPhoneを選択します。

iPhoneの現在の場所が地図に表示されます。アクションを押すことにより、様々な操作を遠隔で行うことができます。

〈サウンドを再生〉

遠隔操作でiPhoneより音を出します。

〈紛失モード〉

遠隔操作でiPhoneをロックします。また、ロック画面に指定した文字を出すこともできます。

〈iPhoneを消去〉

遠隔操作でロック画面が解除された際に、iPhone内のデータを消去するようにします。

③、公共交通期間などへ連絡をする

「iPhoneを探す」を使用することにより、大体の位置が把握でき、自分の行動を思い返すことができたはずです。「iPhoneを探す」で示された位置では何をしていたのか、店にいたのか、電車に乗っていたのか、心当たりがある場所へ連絡をしてみましょう。誰かが拾ってくれていた場合には、店の店員さんや、電車などの運行会社へ届いていることもあります。

④、キャリアへ連絡する

simカードは個人情報の塊であり、simカードを他の端末に差し替えるだけで不正利用することもできます。そのため、iPhoneが警察へ届けられていたとしても、simカードだけ抜かれた状態で警察へ届けられる可能性もあります。

したがって、個人情報の流出を防ぐためにも使用しているキャリアへ連絡し、一時的に回線を使用できないように止めてもらいましょう。また、ソフトバンクで基本パックに加入している方であれば、「iPhoneを探す」のように電話番号でiPhoneのおおよその位置を探してもらうこともできます。

2、警察へ連絡をする

警察へ連絡する前に行って欲しい①〜④の方法を行ったならば、早速警察へ連絡を行いましょう。

「iPhoneを探す」機能を使用することにより、だいたいのiPhoneの位置が分かっているときは、その地区を統括している警察署へ行き、紛失届けを提出したほうが紛失物としてiPhoneが届けられている可能性が高いです。

また、後日、iPhoneが警察署に届けられた場合も、違う地域の警察署に比べて手元にiPhoneが戻ってくる日数が少なくなるようです。iPhoneの紛失保証サービスに加入していて、サービスを利用する際には紛失届けが必要になることもありますので、どうせiPhoneは返ってこないと諦めずに、警察への紛失届けは必ず提出するようにしましょう。

3、iPhoneの紛失に備える

iPhoneを紛失してしまうことは誰にでも起こり得ることです。そのため前もって紛失に備えておくことが大切となります。

①、パスコードをオンにする

パスコードとはiPhoneのロックを解除する際に必要となる番号のことです。iPhoneのロックを解除するためにパスコードを毎回入力するのは確かに面倒かもしれません。

しかし、パスコードをオンに設定していなければ、iPhoneを紛失した際にパスコードを入力せずともロックが解除できるために、個人情報を守ってくれるものはなにもありません。必ずパスコードはオンにしておくようにしましょう。

②、「iPhoneを探す」をオンにしておく

iPhoneを紛失した際にこの機能がオンになっているになっていると、iPhoneが見つかる可能性が高くなります。そのため、常にオンにしておくようにしましょう。

③、紛失保証サービスに加入する

iPhoneを紛失したときのために各キャリアは紛失保証のサービスを提供しています。家電量販店が独自のサービスを提供していることもあります。このサービスはiPhoneを紛失してしまったときに次の端末を通常より格安にて購入することができるサービスです。

サービスに加入するために支払う費用は、修理の保証に加えて支払わなければならないために高額になりやすいですが、日ごろからものを失くすことが多い人には加入を検討して欲しいサービスです。

まとめ

iPhoneを紛失した際はとても不便です。そのため、すぐに端末を探したいと警察などに連絡を行う人が多いです。しかしながら、紛失した際に一番恐ろしいことは個人情報の流出です。端末を探すのを一番に考えるのではなく、個人情報を守るために何を行うべきかを考え行動するようにして下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-iPhone

スポンサードリンク