↑公式サイトへ移動する↑


iPhoneアプリがインストールできない!フリーズして進まない・止まる・終わらない時の対処方法



スポンサードリンク

毎日のごとく何か新しいアプリが出ているのがスマートフォンの魅力ですよね。

自分に必要なアプリだけをインストールして生活や暮らしに役立てる。

しかし、時たま、インストールできなかったり、途中でフリーズしてしまったり。そんな時の対処方をお話しいたします。

スポンサーリンク

iPhoneアプリがインストールできない時の原因と対処法

≪再起動≫

アプリのインストール時だけでなく、他にも何か不具合が起きた時に使える、再起動。とりあえず、何も考えずにやってみてください。電源ボタンを長押しし、横にスライドするだけ。簡単ですが役に立ちます。

ただ、強制再起動(電源ボタン&ホーム長押し)とはまた別なので、ご注意を。強制再起動はAppleも推奨しておりません。冷静に順を追って再起動を行いましょう。

≪アプリの終了≫

インストールしながらたくさんのゲームアプリやGPS機能、他のダウンロード等を行っていると、iPhoneにとってはかなり負荷の大きい作業になります。

使わないアプリはホームボタンのダブルクリック→上にスライドで消しておきましょう。バッテリーの節電にもなりますし、習慣づけておいて損はないですよ。

≪Apple Storeサインアウト&サインイン≫

iPhoneのアプリを管理・販売しているApple storeに問題があるのかもしれません。一度サインアウトして、再度サインインしてみましょう。

[設定]→[iTunes StoreとApp Store]→青文字の[Apple ID]をタップすれば[サインアウト]が出てきますので、選択。

再度自分のApple IDを入力することでサインインができます。これでApp Storeの不具合が解決できます。

≪機内モード≫

一時的にネットワークを遮断する、機内モード。iPhoneの左上に飛行機のマークが出てくれば、機内モードに入っている証拠です。確認できたら機内モードをOFFにしてください。簡易的にネットワークの状態をリセットすることができるので、意外と治ることが多いですよ。

≪ネットワークの設定のリセット≫

通信状態や電波状況が原因でアプリのインストールができないのかもしれません。機内モードでダメなら、一度ネットワーク設定をリセットしてみましょう。

[設定]→[一般]→[リセット]→[ネットワーク設定のリセット]です。すると、iPhoneが自動的に再起動を始めます。暗くなった、リセットだからと言って、データが消えてしまうわけではないのでご安心を。

しかし、BluetoothやWi-Fiの設定がリセットされていますので、再設定やパスワードの再入力が必要になります。

≪Wi-Fiを設定する≫

これは、Wi-Fiの環境がある方限定となりますが、通信環境を変えてみることでインストールやダウンロードができるようになることも。

4GやLTEなどからWi-Fi環境下に入ることで、ダウンロードができたのであれば、通信制限がかかってしまったり、単に電波の届きにくいところだったということになります。

アプリを沢山、まとめてインストールしたい方は、最初からWi-FiをONにしておいたほうが、通信制限にもかかりにくいので、おすすめです。

≪iOSをアップデート≫

もしかしたら、ソフトウェアのバージョンが古い・アプリのほうが未対応な可能性も。最新のアプリをインストールしようとしても、iPhone自体のバージョンが古いとiPhoneが「キャパオーバーだよ!」ってなっちゃいますよね。

まずは、iOSが新しいものになっていることを確認して、なっていなければ先にiOSをアップデートしましょう。このとき、きちんとバックアップを取ることをお忘れなく。

≪他のアプリはインストールできるのか≫

かなり稀なケースにはなりますが、インストールしたかったアプリ自体に問題がある可能性も。他のアプリは通常通りインストールできたときは、元々インストールしていたアプリ自体に問題がありますので、数日時間をおいてみてください。

ちょっと根気よく待つ必要がありますし、かなり稀なので、ほぼ無いとは思いますが…。

≪ちょっと時間を空ける≫

極端に今必要!というわけでなければ、数時間から1日ほど放っておいてください。翌日何事もなかったかの如くインストールされることもあります。

テレビで特集されたアプリだったりすると、アクセス過多などが原因でインストールができなかったということもありますので、いったん忘れましょう。

≪初期化≫

いろいろ試しても全然だめだという方は、残念ながら初期化をしてみましょう。iOSに問題がある可能性が高いので、iTunesを用いて初期化してください。これで改善されます。

しかし、初期化する前に、バックアップは必ず取っておいてください。本当に全部リセットされますからね。初期化が終わったら一度、アプリがインストールされるかを確認してみてください。きちんとインストールできたらバックアップデータを復元してください。

≪コールセンター≫

上記のことを全部試したのに全然だめだ…。という方は、Appleのコールセンターに電話して聞いてみましょう。もしくはお近くのApple Storeにもっていってみましょう。

このコールセンター、知人によると、状態の修繕だけでなく、電話対応も非常に素晴らしいとのことです。さすが、プロ中のプロですね。心強いです。

iPhoneアプリのインストール中にフリーズする・途中で止まって進まない・全然終わらない時はどうすればいい?

インストールは始まったけど、異常に時間がかかる、止まってしまったなどなど、安心できないインストール。こんな時も、上記のことを試してみてください。基本的に治るはずです。本当に再起動は心強いです。ですが、他にも原因は考えられるので、ご紹介いたします。

≪容量不足≫

元のiPhoneにたくさんのアプリ、写真、ミュージックなどが入っており、新しくアプリをダウンロードするための容量がないのかもしれません。

[設定]→[一般]→[使用状況]→[ストレージを管理]を選択し、使用可能な容量を確認することができます。インストールしたいアプリよりもiPhone自体の容量がないと、これもキャパオーバーになっている状態です。新しいアプリを入れる前に、使わないアプリを削除してしまうのもよいのではないでしょうか。

≪同時にインストール≫

iPhoneの画面に「待機中」になってしまっているあなた、一気にたくさんのアプリをインストールしていませんか?一気にたくさんインストールしてしまうと、止まってしまう原因になりかねません

まとめてインストールした方が早く終わりそうな気もしますが、1つずつ行なった方がトラブルは抑えることができます。

まとめ

日に日に魅力的なアプリが増えておりますが、インストールができなかったり止まってしまうとちょっとイラッとしてしまいますよね。

そんな時でもまずは冷静に、何事にも使える再起動を行ってみてください。魅力的なアプリをインストールして、素敵なiPhoneライフをお過ごしください。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ