↑公式サイトへ移動する↑


iPhoneのios10.2バッテリー減りが早い不具合の対処法



スポンサードリンク

どんどん進化を遂げるiPhone、私もiPhoneユーザーのうちの一人です。新モデルが出ても、不具合に応じて定期的にソフトウェアアップデートが走っていますよね(設定画面に出てくるあれです)。

しかし、あのアップデート、もちろん改善が主なのですが、逆に「なんか前に比べてこうなったな…」っていうこともしばしば。今日はそんなios10.2についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

iPhoneのios10.2でバッテリー減りが早い不具合の対処法

ios10.2ですが、なんだか充電が持たなくなった気がする…。さっきまで70%あったのに、急に落ちたよ…。などなど、確かに、ミュージックしか使っていないのに、もう半分を切っていること、私もありました。もちろんよくなったという声もありますがかなり少数のようです。そんな方に、今すぐ使える対処法をご紹介いたします。

≪1.アプリの選別≫

多種多様なアプリが出ているのも、スマホの魅力ですよね。充電を持たせたい方は、まずはアプリの選別から始めてみてはいかがでしょうか。[設定]→[バッテリー]で、iPhoneのバッテリー使用状況が確認できます。バッテリー消耗が激しいアプリはできるだけ使用を控えてみたり、全然使っていないアプリがこんなにバッテリーを食っていたなんて!っていう発見ができますので、まずは確認して選別してみては?

≪2.位置情報をOFF≫

様々なアプリの中にはGPSを使ったものもたくさんあります。自分の位置情報が送られているわけですから、バッテリーの消耗は早いですよね。旅行先や、初めて行くところなどではマップ系のアプリは必要不可欠ですが、通勤や通学中など、音楽を聴くだけの時などは、位置情報サービスを切っちゃいましょう。GPSを使い、自分の位置情報が送られているわけですから、バッテリーの消耗は早いですよね。[設定]→[プライバシー]→[位置情報サービス]で、OFFに設定をし、行動がルーティン内の時は無駄な消耗を防ぎましょう。

≪3.低電力モードに≫

朝から晩まで家に帰らないけど、大事な連絡が入るんだよな、というときは、低電力モードをONにしましょう。[設定]→[バッテリー]→[低電力モード]をONで設定をしてみてください。バッテリーの表示が黄色に変わればOKです。多少パフォーマンスは低下しますが、通話やメール、インターネットなど、スマホとしての機能を最低限維持した状態になります。ゲーム等は支障が出てくるみたいですので、ご注意くださいませ。

≪4.モバイルバッテリー≫

上記の設定を全部試したけど、たいして変わりなく、すぐ落ちてしまう場合は、モバイルバッテリーを買った方がよいのかもしれません。結局バッテリーの無駄遣いを控えるために、自分の使いたいアプリが使えなくなってしまったら、もったいないですもんね。雑貨店などにも販売はしておりますし、ネットでもいろいろなデザイン、容量のものが発売しております。急な予定があるけど、時間直前で電源が切れてしまった場合は、今ではコンビニでも販売しております。ご安心を。しかしながら高いので、ネットで探して購入した方がお得みたいですね。結構友人からも重宝されるので、ちょっとした人気者にも。備えあれば患いなしです。

≪5.待つしかない≫

モバイルバッテリーを買うのもなんかもったいない、という方は、次のアップデートに期待をかけるのみです。Ios10シリーズは10.2になる以前からバッテリーの問題があったようなので、バッテリーがしっかり持つアップデートが出てくるまで、時間はかかるかもしれませんが、気長に待つしかないみたいです。今は耐え時、我慢しましょう。

iPhoneのiosをダウングレードできる?できない?

アップデートがある!と思って、友人やネットでの評価を見ずに、すぐアップデートしてしまい「以前のほうが良かった、後悔した。」といった経験はありませんか?基本的にiosはダウングレードができません、基本的に。これはもうAppleの方針になる部分なので、介入はできませんね。

自分の周りにiphoneユーザーが多い方は、すぐにはアップグレードせず、アップグレードしてどうだったかを聞いてみてから行うのが賢いかもしれません。あくまでも、個人の感想になってくるので、そこでご友人を責めるのも無しですからね。

しかし、iTunesが起動できるPCと純正品のUSBケーブルがあれば、実はダウングレードもできないことはないのです。基本的にiPhoneを購入した際に純正品のUSBケーブルもついてきますが、もう1本純正品を持っていれば何かと役立ちますし、安心ですね。

≪1.バックアップを取る≫

以前のバージョンにダウングレードする際には、まず、必ず同じバージョンでバックアップを取ってください。でないと、せっかくの写真やアプリなどが全部消えてしまいます。ダウングレードするiosのバックアップがあればOK、なければ新しいiPhoneとしてのセットアップになるので、まっさらな状態になります。

≪2.IPSWのダウンロードページ≫

パソコンから、下記のIPSWのダウンロードページに移行します。

IPSW ダウンロードページ

ここで、ダウングレードしたい端末(iPhone)、iPhoneのバージョン(iPhone7等)、ダウングレードしたいios(ios9)を選択しダウンロードを行います。約2~30分程度かかります。

≪3.iTunesから復元する≫

パソコンとiPhoneをつなぎ、iTunesで[iPhoneを復元]をクリック、先ほどダウンロードしたものを選択し実行します。ダウンロードが完了し、再度[iPhoneを復元]を押すと「お使いのiPhoneのソフトウェアは最新です」と表示されればOK。iPhone側でも確認してみてください。

まとめ

不具合が多いios10.2ですが、これだけバッテリー問題が上がっているので、次のバージョンがすぐ出そうな予感もしますね。

ダウングレード方法も紹介いたしましたが、万が一、バックアップがしっかりとれておらず、データやアプリが消えてしまったら悲しいですよね。

私は次のバージョンを気長に待ちます。どんどん進化を重ねるiPhoneですから、期待をしてもいいのではないでしょうか。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ